記事のアーカイブ

消費税:課税事業者を選択すべきか否か。

2014年02月20日 15:37
前々年の課税売上高が1,000万円以下の事業者は消費税の納税義務が免除されます。2年前の売上高で判断しますので、つまり会社設立後2年間は何も届出をしなければ(&売上が1,000万円超えなければ)消費税を気にしなくていいので会計処理も税務申告も「簡単」です。 消費税はお客様から預かった「仮受消費税」から購入時等に支払った「仮払消費税」の差額を納付したり還付されたりするもので、事業者は本来「得も損もしない」ものです。 仮に800万円の売上に40万の仮受消費税、600万の費用に30万の仮払消費税の場合、預かった40万から支払った30万を差し引いた10万円を国に納付することになりますので、本来なら「行

交際費:接待すれば仕事をもらえた時代は終わり

2014年02月19日 16:38
中小企業の交際費定額控除が600万円(10%は損金不算入)から800万円(全額損金算入)になりましたが、だからと言ってジャンジャン交際費を使っていいわけではありません。統計によると日本の1社当たりの支出交際費は全法人の平均が年間226万円で、その内大法人が3,476万円、中小法人は93万円です。 また、企業の交際費は平成4年がピークで6兆2,000億円でしたが平成23年には2兆8,700億円まで下がっています。 接待すれば仕事をもらえた時代は終わってサービスの本質で勝負をする時代なのだと思います。実際私が財務担当として企業に勤務していた時は基本的に交際費禁止にしていました。接待を営業行為と考え

新規事業:法人?個人?

2014年02月12日 11:17
新たに事業を始める際に法人化した方がいいのか個人で始めた方がいいのか悩むと思います。私も悩みました。結果、ボクシング&キックボクシングジムは「法人化」税理士事務所は「個人」でやることにしました。 下記の様な税金や登記費用といったお金の問題や書類作成の手間や信用の問題など選択のポイントは多々あるのですが「どちらの方がビジネスがやりやすいか」で決めるのが一番だと思います。   個人 法人 信用 法人に比べると難しい 組織化されるので信用が高い 最高税率 1,800万円超 所得税 40% -...

事業所得:白色申告者に記帳/帳簿保存が義務化!

2014年01月31日 11:15
個人事業主は申告の際・白色・青色簡易・青色が選べます。白色申告の場合、今まで収入300万以下は帳簿をつけなくてもよかったので会計さっぱりわからないという人でも請求書と領収書を1年分集めておくとなんとかなったのですが、2014年から白色申告者も記帳/帳簿保存が義務化されました。 ということで、これを機に白から青へ!どうせ青なら簡易ではなくガッツリ青へ!   白色 青色(簡易) 青色 届出 なし あり あり 控除額 なし 10万円 65万円 記帳 簡易
アイテム: 11 - 14 / 14
<< 1 | 2